通信制高校で選べる学習スタイル❘自分流に学生ライフを満喫できる

教師

塾での入試対策

ステーショナリー

大学への入学決まる入試では、学校側が定めたテーマに応じて小論文を作成することがあります。毎年テーマが変わる為に、オールジャンルのテーマで作成できるよう、備えておく必要があるでしょう。

読んでみよう

学校選びは比較が大事

教師と生徒

人はさまざまな理由によって、高校卒業を果たせなかったという場合があります。その理由には、経済や学力、体調の面において、通常3年間通うべき高校へ通えなかったことが挙げられるでしょう。高校卒業を果たせず、自分の好きな仕事にて生活を支えている人もいますが、高校卒業という夢をもって実現するべく、通信制高校に通う人も少なくありません。通信制高校には高校卒業を目指す、幅広い年齢層の生徒が通ってくることから価値観など、さまざまな知識を養いやすい場所にも成りうるでしょう。

通信制高校は基本的に、年に数回の登校のみで単位取得を目指せる授業形態を取っています。スクーリングと呼ばれる登校日の頻度は、学校によっても異なりますが、2~3ヶ月に1度であることが多いでしょう。頻繁に学校へ通う必要がない為、地元から遠く離れた通信制高校へ通う人も少なくありません。スクーリング以外の日は、与えられた課題をこなす必要があり、そのペースは生徒それぞれに任されています。

社会人になった後に通信制高校へ通う人も多いので、学校への登校が頻繁でないことはとても便利なものでしょう。仕事と両立を図りやすいと言えます。通信制高校へ通う際には、一人の生徒に対して、一人の教師が付き添う個別指導スタイルを選択できるところや、大学進学を重視しているところ、特別技能を単位として卒業までのスピードを早めるところなど、自分に最も適しているところを見つけるといいでしょう。

気になる学費

女学生

大学に進学する際には、やはり学費が必要となります。学費は年間で百万円を超えることもあり、4年制大学となると500万円近く掛かることもあるでしょう。学費のことも考慮しながら志望校を決めることも大切です。

読んでみよう

学校の雰囲気を掴む

勉強

高校や大学、専門学校では、オープンキャンパスと称して、入学を検討している学生に対して学校の雰囲気を伝える為のイベントを行なっています。年間の中で数回行なわれており、好きなタイミングを見つけることができるでしょう。

読んでみよう